爪の食い込み、どこまでなら自分で矯正できる?

爪の食い込み、どこまでなら自分で矯正できる?

 


自分で巻き爪や陥入爪を矯正する場合、どこまでの症状なら自分でできるでしょうか?


 

一人ひとりの巻き爪の状態に合わせて
全9種類の中から選ぶ矯正強度をご用意!

 

巻き爪や陥入爪を自分で矯正すると一言で言っても、
症状のひどさは人それぞれです。

 

 

また、化膿していて出血もしているのに、医者には行かずに自力で市販品の巻き爪矯正グッズで矯正を試みる人も少なからずいます。

 

 

炎症を起こして出血しているような巻き爪や陥入爪の場合は、
化膿止めや消毒液などを医者でもらうか、市販薬を薬剤師に相談して買うなどして、炎症を鎮める事が大事です。

 

 

爪まわりの肉が化膿しているレベルになると、巻き爪矯正を自力でやろうとしても痛くてできない可能性があります。
もちろん矯正器具を使って徐々に矯正していけば快方に向かっていく可能性が高いですが、
もしかしたらいいお医者さんに当たるかもしれないので、一度は行ってみるといいかもしれません。

 

 

自分で足の指などに食い込む巻き爪や陥入爪を矯正できる

巻き爪ブロック ですが、こちらのサイトにどこまでの程度の巻き爪や陥入爪まで使うことができるのかくわしく書いてあるので参考にしてみてください

↓   ↓

巻き爪の人の爪の整え方と巻き爪ブロックの詳しい使いかたとコツ

 

これは経験則ですが、上のサイトで巻き爪・陥入爪レベルが「強」だと、もしかしたら付けるのが難しいかもしれません。
「強」の上に化膿していた場合は、素直に医者に行くことをおススメします

 

 

比較的巻きがまだ初期で、
丸まっていないようならば巻き爪を自宅で治す【巻き爪ロボ】 を試してみるのもおススメです
何度も通院して長期間矯正するより費用も安く済みますし、
手間もかかりません

 

 

初心者さんでも簡単取付!その一歩もう怖がらないで!
自分でできる本格的巻き爪矯正キット